スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メイドカフェ・Romeo † Giulietta

メイド01


まぁ、なんだ。

友達がチョット遅れたバースデーパーティーを開催してくれた。

それもメイドカフェで。

おいおい・・・俺様の趣味を良くわかってるじゃねーかよ(笑)

最初にドリンクをオーダーしたのだが、それがイベント付きのメイドオリジナルカクテル。

そのイベントっていうのが5枚のカードから選んだ一枚によってそれぞれ発生するらしいんだ。

んで素直に真ん中のカードを引き抜いて見てみると「Joker」

何?って訊いたら「ご主人様のほっぺたをつねるんですぅ」

そうさ。「ご主人様のバカァ~」って言われながら差し出した頬をツネツネされたよ。

それがまた楽しいんだな。


さて。個人的に定番のオムレツは食わねばなという事で注文したのがトップの写真だす。

おまかせで書いてもらった「うさぎ」と「おいしくなーれ」と大きなハートマーク。

これはも、も、萌えるよな。

実はメイドカフェって初めて行ったんだけど、ココって実にヤバイところだな。


そしてホントにサプライズだったのがバースデーで出してくれたパフェ。

話しの端々で気付いたのか気を利かせて用意してくれたみたい。

メイド02

メイドさんや他のお客さん(メイド的には他のご主人様達というようだ)にもハッピーバースデーでお祝いしてもらったぞ。皆さん本当にありがとう。


それにしてもヤバイなぁ・・・。

次はいつ行こうかって考えてる自分がいるよ。
スポンサーサイト

大通公園とうきびワゴン・その2

じゃがバター


大通公園でじゃがバターをパクついていた観光客を眺めていたら無性に食べたくなった。

これ写真でみるとまったく伝わってこないのだが結構アツアツなのだ。

おばちゃんが「いま出来たばっかりだよ」と渡してくれたトレイの上にはじゃがいもが二個。しかも丸ごと。

塩とバターでいただく。

確か以前食べたときは半分にカットされていたはずだけどな。

恐らくARIA The ANIMATIONの登場人物アイちゃんならこう言うはずだ。

「じゃがいもが大きくて食べづらそう・・・」


おっと!ARIAといえば実は秘密にしてることがあります。

随分前のことですが、ARIA The ANIMATIONの第一話で灯里・藍華・アイの3人が"アクア"名物じゃがバターを食べているのを見た次の日、大通公園で自分もじゃがバターを買って嬉々として食べました(笑)

おい。どんだけ影響受けやすいんだよ!



・大通公園とうきびワゴン じゃがバター(一皿250円)

札幌観光協会・ホームページ

大通公園とうきびワゴン

tokibi01


焼とうきびの甘く香ばしい香りにはいつも食指が動く。

だけど毎回躊躇するわけだ。

食べている所を目ざとく発見してはわらわら寄ってくるハトの連中が目を光らせているから。

人慣れしているしホントあいつら図々しい。


でも所詮は鳥なんだよな。

日も暮れる夕方になると一羽も見かけない。

なので夕方に買うのが正解(笑)

涼しいうえにあいつらもいない。


tokibi02


ところで"とうきびワゴン"の看板に"とうもろこし"って書いてあるんだが、ここはやっぱり"とうきび"と北海道弁にして欲しいところだ。

ただ、その割りには"生とうきび入荷"なんて張り紙をしてあったりするのでちょっと節操がない。

札幌なんだもんこの際"とうきび"に統一しちゃおうぜ。

イラストを見れば観光客だってそれが"とうもろこし"の事だってわかるからさ。


で飛んでったハトはどこに行ったんだろう?

まぁ詮索しないでおくよ(笑)



・大通公園とうきびワゴン とうきび(茹で・焼 一本300円)

札幌観光協会・ホームページ

豚玉丼(味処 あずま)

あずま01


思い出したかのようにギラギラと夏を見せつけてきた今日の札幌。

夜になっても岩盤浴並の室温は「得したっ!」と喜ぶべきなのか・・・。

だからといって食も細くなりバテバテの毎日というわけでもなく、実際の所は毎年冬よりも夏の方が5キロほど重かったりするのだ。

やっぱり8月生まれだから暑さに強いのか?なんて根拠のない話しはヤメとこ。


そんなわけで真夏でもこってりしたものは全く平気なわけで、たまに行く職場近くの店で豚丼を食べてきた。

本来はココって正真正銘のうどん屋なのだが、賄いで作っていた豚丼が評判になってしまったのだとか。

そうそう。なんでも先代のむかし、店は北大通りにあったライフという喫茶店だったそうで当時は中島みゆきがよく出入りしていたらしい。

まぁ、彼女が豚丼を食べていたかは知る由もないのだが(笑)


さて、今回注文したのは「豚玉丼」(830円)

単品でもかなりボリューミーな一品で満足度はかなり高い。

大きな丼の中はゴハン→キャベツの千切り→豚肉→半熟タマゴの順でちょっとした小宇宙を形成しているかのようだ。

タレは甘め。ただし見た目ほどクドイ感じはまったくなく思いのほかあっさりしているのはキャベツとタマゴのお陰だね。正直たまに食べるノーマルな豚丼はいつも味が濃く感じるからな。

なので上に鎮座しているタマゴちゃんの黄身を割って絡めるのも良し、直接口を付けてジュルジュルすするのも良し好きに食してくれたまえ。

久々に美味かったよ。


あずま02


・味処 あずま
住所:北海道札幌市中央区北四条西4 国際ビル B1F
電話:011-242-2883
営業時間:11:00-21:00

札幌=スープカレー?

角煮


カミングアウトします。札幌に住んでいながらラーメン屋へは余程の事がない限り行きません。

決して嫌いなわけじゃない。でも年に一回あるかないか。

まぁ実を言うと幼い頃のトラウマなのだが、書くと長くなりそうなのでこの話はその内に。

なので残念なことにラーメンに関しては全然盛り上がれないのだ。


ここ最近はブームも一段落したスープカレーはどうかというと数年前に初めて食べる前までは、コイツに関してもかなり懐疑的だった。

「スープなんだかカレーなんだかハッキリしないアイデンティティのない奴が美味いわけないだろう?!」

そうそう。食わず嫌いだったんだな。食べてみると実に複雑な味わいで美味い。

だが、普段食べるのはルーカレーだったりする。

やれやれ・・・札幌に居ながらなんだかノリ切れてないな俺(笑)



※写真:超人的珈喱湯専科 エスパー・イトウ 角煮カレー
北海道札幌市西区八軒5条西1-2-32 パレスチャギヒラ 1F
TEL:011-215-5577
営業時間:月~金11:30~15:00、17:00~22:00 土、日、祝日11:30~22:00
プロフィール

大佐

Author:大佐
S.O.S.団ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。